手をつないでいこう

毎日の思ったこととか記録とか。まあイロイロ、かな。

脱毛を行うときにはやけどに注意しなければなりません。エステや医療機関で行われている光を使用する脱毛では、メラニン色素に吸収される波長の光を皮膚に照射します。こうすることで光が毛根に吸収され、発熱して毛母細胞にダメージを与えます。

この方式の注意点として、メラニン色素は皮膚にも含まれています。色素沈着が起きていたり、日焼けなどをしているとメラニン色素の含有量が増え、光の吸収量も増えます。そのため、皮膚の発熱量が高くなり、やけどを起こすことがあります。エステで使用できる装置は光の出力が低いため危険性は少ないとされていますが、トラブルが起きないわけではありません。医療機関では光の出力は高いですが、皮膚のメラニン色素の含有量に合わせて調整を行うため、安全です。

しかし、通常は医師が施術しなければならないものを看護師に施術させ、トラブルを起こすこともあります。やけどの危険性を少なくするには口コミでエステや医療機関の評判を確認するのも大事ですが、自分でも日焼けしないように紫外線対策をすると良いです。

また、家庭用脱毛器にも同じ原理で処理を行うものがあります。これも安全に使えるように出力は低くなっていますが、使い方を誤ればやけどするため、マニュアルに従って自分の皮膚に適した出力で処理を行い、十分な冷却を行います。

 

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.